Skip to content

ワンルームにかかる家事代行サービスの費用は?

ワンルームにかかる家事代行サービスの費用は?

家政婦に頼めば家の清掃をしてくれたり、ゴミ出しなどをしてくれます。
とはいえ、家事代行サービスもただでは利用できません。
ある程度のコストがかかってきますが、初めて依頼する際にはどのくらい費用がかかるかわからなくて不安なこともあるでしょう。
ここではそんな人向けにワンルームにかかる家事代行サービスの費用目安について紹介します。

 

ワンルームに家政婦を呼ぶ場合

ワンルームに一人暮らししている際には家事代行サービスが役立ちます。
いろいろと忙しくて家事などができない際には積極的に家政婦を呼んで厄介事を解決してもらいましょう。

〇費用の目安
このような家事代行サービスをワンルームに呼ぶ際の費用の目安ですが、これは2時間で4千円程度です。
これはあくまで基本料金であり、これ以外に出張料金やオプション料金などがかかることもあります。
少し危険な作業が伴う場合には危険手当なども発生する可能性もあります。

〇家政婦サービスの場合
家政婦サービスによってはこれ以上にかかることもあります。
例えば、料理の資格があるといったような家政婦だとより費用がかかることもあるのです。
2人以上の家政婦に来てもらったりする場合にはその分の費用もかかります。
家政婦にかかる費用はこのように変動することがあるので気をつけましょう。

〇家政婦を呼ぶ場合もある程度は片付けておく
ワンルームに家政婦を呼ぶ際には自分である程度部屋を片付けておくことも大事です。
こうすることで貴重品がなくなるといったトラブルも少なくなるだけでなく家政婦も仕事がしやすくなってきます。

〇指示をする
家政婦に来てもらったら自分である程度指示することも大事です。
その日は何をしてもらいたいのか最初に的確に伝えることで家政婦も何をすればよいのかわかります。
逆に家政婦に好きなようにさせておくのはあまりおすすめできません。

〇業者の使い分け
家政婦を呼んだ後はその業者を使い続けるかどうかも検討しておきましょう。
家政婦業者もいろいろありますから、1つの業者を使い続けないといけない決まりはありません。
家事代行サービスを変えればサービスの質も全く変わってくることもあります。
このため、最初のうちはいろいろな家事代行サービスを利用して継続利用する家政婦サービスを選んでみると良いでしょう。

こうした家政婦を利用することはいろいろな方法で可能です。
例えば、上記で紹介した家事代行サービスを利用するのが一つの手です。
家事代行サービスでは多様な家政婦を紹介しており最適な家政婦に来てもらうことができます。
しかし、家事代行サービスによっては毎回来る家政婦が異なったりすることもあるので気をつけましょう。

 

家政婦サービスの負の側面とは

〇デメリット
家政婦サービスは便利なものですが、良いことばかりとも限りません。
◆例えば、家事代行サービスを利用して家政婦に来てもらった後にモノを壊されることがあります。
これによって損害を受けることもあるので気をつけておきたいところです。
これを防ぐためにも壊れていけないものは閉まっておくなどの対策をしておきましょう。

◆他に、家政婦経由でプライバシーが漏れることもあります。
家政婦経由で携帯電話番号が漏れるといったこともあるかもしれません。
家政婦を雇うとこういったリスクも有るので気をつけておきましょう。

◆家政婦サービスを利用し過ぎるとコストもかかってきます。
例えば、毎日家政婦に来てもらっていると月に30万円近くかかることもあります。
こうした家政婦にかかる費用は馬鹿になりませんから、自分でできることは自分でしておくと良いでしょう。

◆家政婦を利用することで恋人ができにくくなることもあります。
家政婦を利用すればどうしても独り身でも良いと考えてしまうこともあるのです。
これも注意しておきたいことの1つです。