Skip to content

家事代行サービスの依頼の流れ

家事代行サービスの依頼の流れ

家事代行サービスを依頼するまでの流れは、3段階になります。
①まず代行サービスの業者に連絡を取り、訪問日時の打ち合わせを行います。
②それでニーズのヒアリングが行われた後に、トライアルとしての作業が行われる訳です。
③それで特に問題なければ、正式依頼する事になります。

 

業者に対する連絡と出張日時の決定

代行サービスの業者は、問い合わせ用の窓口を完備してくれています。
最近では、多くのサービス業者は公式サイトもあります。
サイトを細かく確認してみると、問い合わせ用のフォームも設置されている事が多いです。
①そのフォームに対して、まず必要項目に入力をします。
それで業者にデータを送信すると、折り返しの連絡が来る訳です。
もしくは、電話でも構いません。
問い合わせ専用の番号がありますから、そこに電話をかけてコンタクトを取る事も可能です。
②そしてサービス業者から折り返しの連絡が来たら、改めて打ち合わせを行う訳です。
具体的には、訪問日時の打ち合わせを行う事になります。
というのもこの後に、業者の担当者によるヒアリングが行われるからです。
電話でも、ある程度のヒアリングは可能ですが、全ての状況を把握できるとは限りません。
ですから担当者が現場に訪問し、状況を確認してみる訳です。
③訪問する以上は、担当者が出張する日程や時間帯も決定する必要があります。
ですから依頼主と担当者が打ち合わせをして、出張日時を決定する訳です。
殆どのサービス業者は、依頼主の都合に合わせてくれます。

 

担当者による出張とニーズのヒアリング

上述の打ち合わせにて決定された日時に、代行業者の担当者が訪問してくれます。
そして担当者は、現場の状況も確認する訳です。
この時に、清掃スタッフが同行してくる事もあります。
業者によっては、出張した当日中に作業を行う事もあるからです。
しかし業者によっては作業が別の日になるので、特に同行しない事もあります。
そして現場に来た担当者は、依頼主に対して様々な質問をするケースが殆どです。
依頼主からニーズをヒアリングしたいからです。
このタイミングでは、依頼したい内容を相談する事もできます。
サービス業者に対するリクエストがあれば、伝えてみると良いでしょう。
なお代行業者によっては、複数プランを採用している事もあります。
プランAやBなど複数あり、ヒアリングした内容に応じて、担当者から最適プランが提案されるのが一般的です。
それでプラン選びなどを行って、まずはトライアルの作業を行ってもらう事になります。

 

初回トライアルと正式依頼の決定

ニーズのヒアリングが完了したら、トライアルとしての作業が実行されます。
いわゆるお試しの代行サービスです。
というのも代行サービスは、基本的には複数回に渡ります。
長期契約になる都合上、特に問題無いサービスであるかどうかを、お試し利用できる訳です。
ですからお試しの段階では、代行業者が問題なく作業を行ってくれるかどうかも、見極める事になります。
仕上がりなども確認すると良いでしょう。
その後は、改めて担当者との打ち合わせを行います。
トライアルサービスを受けてみて、長期的に依頼できそうかどうかを確認したいからです。
そしてトライアルの内容で問題なければ、正式に依頼する流れになります。
依頼時には、契約書なども発行される訳です。
ただトライアルの作業を見てみたものの、何か問題がある時には、断る事もできます。
依頼するか断るかは、依頼主が決定できる訳です。
そして正式契約が交わされたら、改めて代行サービスを受ける事になります。

〇まとめ
ですから家事代行サービスの流れは、
サービス業者にコンタクトを取る」のが1段階目です。
そして業者の「担当者によるヒアリング」が2段階目。
初回トライアルと正式依頼するかどうかの最終判断」という3段階の手続きになる訳です。