Skip to content

家事代行サービスを依頼する前に、準備しておくことは?

家事は自分で行うのが基本ですが、どうしても忙しい時や自分でできないとき、年末年始などの特定の日などには専門の業者に代行してもらうと良いかもしれません。

代行業者によっては、何らかの用意をしないといけないときがあります。

掃除をしてもらうときに事前に何をするか

自宅を快適に使いたいとき、やはりきれいな状態にしておきたいでしょう。

毎日きれいに掃除をしておけば快適に使うことができますが、家族がそれなりにいる住宅となると意外に広くなります。

隅から隅まできれいに掃除しようとすると、一人で一日で行うのは難しく、さらに水回りなどは汚れが強く付くので、簡単に落とせないときもあります。

その時に利用したいサービスとして家事代行サービスがあります。

代行内容として掃除をしてもらうとき、依頼する前に準備しておくことは何かないか確認しておきましょう。

掃除をメインにしている業者だと掃除の道具を用意してくれますが、家事全般を代行する業者だと作業をする人しか来ないときがあります。

となると掃除の道具を用意しなくてはいけませんので、事前にどんな道具が必要になるか聞いておくと良いでしょう。

その他掃除をしてもらうときは荷物などの移動が必要になる場合があるので、壊れたら困るものなどがあると誤って壊してしまう可能性があります。

壊れやすいものなどは別の場所に移動するなどしておくと良いでしょう。

料理の代行をしてもらうときの材料や調理器具

一人暮らしであまり料理を作らない人は、健康のためと言ってもなかなか料理を作れない人もいます。

どうしても外食やコンビニ、インスタント食品などに偏りがちになるでしょう。

また普段は料理を作っているが、どうしても料理を作れない事情ができてしまった時は、家事代行サービスとして、料理の代行があるので利用してみると良いでしょう。

一人暮らしの人であれば定期的に来てもらって作り置きなどをしてもらえたり、普段料理をしている人なら、自分がいないときだけ家族の分の料理を作ってもらうなどが可能です。

では依頼する前に準備しておくこととして何があるかです。

まずは好き嫌いなどをきちんと伝えておきましょう。

それを伝えないと業者の考えでメニューが決められてしまいます。

また、材料の買い物からしてもらうのか、材料は用意しておく必要があるかも聞いておきましょう。

調理器具は基本的には業者は持ってきませんので、一通り料理をするための器具が必要になるでしょう。

作った後に皿に盛りつけるのか、タッパなどに入れてもらうのかも伝えておきましょう。

子供の面倒や高齢者の面倒を見てもらうとき

小さい子供がいる時、通常は保育施設などを利用して預かってもらいます。

高齢者がいて介護などが必要な時、介護を専門的に行ってくれるサービスなどがあるのでそちらを利用することもありますよね。

ただそれらのサービスが常に使えるわけではなく、事前に予約などをしていないと使えないときもあります。

急に実家に帰らないといけないなどで面倒を見られる人がいなくなると非常に困りますが、そんな時家事代行サービスのなかにはベビーシッターであったり、高齢者の介護に対応したサービスをしてくれるところがあります。

ベビーシッターをしてくれるところであれば、資格などを持った担当者が来てくれるので安心できます。

では依頼する前に準備しておくことは何かあるかというと、小さい子供だと服を着替えさせたりしてもらうことがあるかもしれません。

その時のために着替えのための服やおむつなどを用意しておいた方がいいでしょう。

高齢者は体調によって対応が変わることがあり、事前にどんな状況かを伝えておくと、それに対応できる担当者が来てくれます。

掃除をしてもらうとき、必ずしも掃除道具を持ってこない業者もいるため、事前に確認して必要であれば道具を用意しておかないといけません。

料理の代行をしてもらうときは、事前に好みや食べられないものを伝え、できた料理の保管方法なども伝えましょう。