Skip to content

家事代行のサービス範囲とは?犬の散歩も含まれる?

家事代行のサービス範囲とは?犬の散歩も含まれる?

 

横浜に多数ある家事代行の事業所の中には子守や犬の散歩はもちろん、入退院の世話や介護職と何ら変わらない業務をこなすところもあります

これらのサービスに対してはそれぞれ得手、不得手のスタッフがいるので必ずしもすべての事業所で常に対応できるとは限りません
しかしながら、それぞれの事業所において、超高齢化社会によるひとり暮らしの高齢者の増加と、超過勤務による過労死の絶えない現役世代からのニーズに柔軟に対応し、さまざまなサービスを展開させています。

 

家事代行の主なサービス

家事代行のサービスにおける代表的な業務は掃除と洗濯、そして料理です。
つまり、生活の基本的な部分なのですが、スポット的に細やかなサービスを提供している事業所も少なくありません。
買い物の付き添いやお散歩まで生活全般にわたってサービスを展開させるか、夕食の用意だけのサービスにするかは顧客のニーズによります。
サービスが数カ月に及ぶこともあれば、一日限りのこともあります。
もちろん、犬の散歩も含まれます。

 

犬の散歩はペットシッターより割安

例えば犬を飼っているひとり暮らしの方が数日、あるいは数カ月の入院を余儀なくされたとき、家事代行サービスに朝夕の犬の散歩と餌やりを依頼することもあります。
ペットシッターに依頼するという選択肢もあるのですが家事代行の方が比較的リーズナブルとなっています
ただし、犬との相性もあるので見極めは大事です。

 

誤解やトラブルには十分注意

家事サービス業の基本的な料金は時給換算されることが多く、その上に移動費や延長料金などが加算されます
いずれも依頼者の要望に応えるかたちで見積り金額を提示するので、後から法外な追加料金を請求されるようなトラブルは皆無です
ただし、物品の破損や紛失に関しての誤解やトラブルは少なからず発生しています
生活のほとんどを委ねなければならないこともあるので、双方の信頼関係を築いていくことが大切です。

 

家政婦との家事代行サービスの違い

ひと頃テレビで家政婦のドラマが流行ったことがありました。
ドラマの中での家政婦の業務は、家事代行サービスの仕事と何ら変わらないように見受けられました。
実際に家族の一員のような家政婦の方に可愛がられて育った方も少なくないことでしょう。
けれども、家政婦は家政婦であり、家事代行は家事代行と呼ばれているのです。

家政婦と家事代行との違いは何かというと、契約形態の違いです
家事代行サービスの会社と契約するか、個人と契約するかで呼ばれ方が異なるだけで、仕事内容が変わることはありません
たとえば、家事代行サービスに勤めていた方が代行会社を辞めてから、顧客と個人契約を結んだらその方は家政婦ということになります

 

ヘルパーとの違い

生活全般の幅広い業務をこなす家事代行サービス業のスタッフと、もっとも境界線を引きにくいのがヘルパーと呼ばれる訪問介護職の方々です。
要介護の高齢者が自宅でのひとり暮らしを余儀なくされる時代です。
ヘルパーも人手不足と言われる中、家事代行スタッフに同様のサービスを求める声が多くなったことが引き金となりました。

 

ヘルパーの仕事内容

こなす業務はほとんど同じに見えますが、ヘルパーは介護職ですので、基本的に介護に関する業務しか受けません
その中に依頼者の生活を支援するかたちで料理や掃除が含まれ、必要に応じて入浴介助や外出の付き添い介助をすることになります。
もちろん、犬の散歩や孫の世話などは介助の対象とはなりません。
フレキシブルな対応はできませんが、介護保険適用のため、自己負担が少なくてすむメリットがあります

 

仕事に境界を持たない家事代行サービス

家事代行サービスの事業所の中にはスタッフにヘルパー研修を受けさせているところもあり、依頼者のニーズに合わせて柔軟に対応しています
もちろん、料理や掃除も全力でこなし、犬の散歩も孫の遊び相手もこなします。
家事代行サービスには介護保険は適用されませんし、介護資格を有するスタッフの派遣は通常サービスより割高になる傾向があります
それでも、生活全般にわたって人間的な手助けをしてくれる家事代行サービスを必要とする方は、横浜のみならず多くの都市部で増えています。