Skip to content

家事代行サービスが必要となる時はいつ?

専業主婦家庭であれば家事に関する問題は多くありませんが、共働き家庭であればこれが結構な問題です。

家事をする時間が無いときに、家事代行サービスは重宝されます。

 

 

共働き家庭では大変ありがたい存在です

専業主婦であれば家事全般は主婦がやるのが一般的で、これであれば家事に関して特に困る事はありません。しかし、共働き家庭であれば結構な問題です。家事は分担してやろうと結婚当初は言います。しかし、お互いに仕事が忙しくなり家事をやる時間が無くなってしまい、しまいには家事を分担してやるというのが頓挫してしまう事があります。さらに、これに子育ても加わってしまったら手の打ちようがなくなってしまいます。

そこで、家事代行サービスを利用する事で家事の負担を減らすことができます。まず、掃除に関しても部屋の掃除から台所や風呂場の掃除まで行ってくれます。お金はかかってしまいますが、このサービスを利用する事で自分たちの住まいをきれいにすることができます。自分たちで掃除をするとなれば休日しかないですし、休日を掃除でつぶしてしまうのは実にもったいないです。それであれば、お金を払ってでもやってもらったほうが充実した休日を送ることができます

料理も作ってくれるサービスです

掃除の次に問題になるのが毎日の料理です。専業主婦であれば基本的に毎日の食事を作ることができますが、共働き家庭の場合はお互い先に帰宅したほうが夕食を作るという家庭が多いでしょう。先に帰宅するほうはスーパーに立ち寄って夕食の食材の買い出しをし、帰宅したら料理をするとなると、時間的にも体力的にも大きな負担になります。するとどうしても出来合いの惣菜や冷凍食品を活用することが多くなる傾向がありますので、食生活のバランスが崩れてしまう事があります。

しかし家事代行サービスを利用すれば、料理を作ってもらうことができます。予めスタッフに夕食の予算を渡し、スタッフが食材の買い出しから調理まで全て行ってくれます。スタッフは研修を受けているので、メニューも栄養の偏りが無いように作ってくれます。帰宅したら出来立てのご飯があるのは大変ありがたいことです。

共働き家庭以外でも利用しています

上述したように、家事代行サービスは共働き家庭が多く利用していますが、それ以外にも在宅介護をしている家庭でも多く利用されています。介護と家事の両立は非常に困難であり、介護で苦労している時に家事にまで手を回すことが出来ない場合も少なくありません。家事代行サービスを利用することで、自分たちは介護に専念して家事はスタッフに一任する事で、家庭の負担を軽減させることができます。

また、一人暮らしの高齢者にも家事代行サービスは利用されています。高齢者が家事全般を一人でこなすのは大変です。そこで家事代行サービスを利用するのですが、スタッフが定期的に訪問するということで、家事の負担軽減以外の利点もあります。それは、依頼主である高齢者の異変を早期に見つける事が出来るので、病気の発見や最悪の場合孤独死の発見といった、一人暮らしの高齢者にとってのゲートキーパー的な存在にもなり得るということです。

家事代行サービスは当然ながらお金を支払わなければなりませんが、支払ったお金以上の利用価値があるサービスです。家事の負担を減らしたい人は利用する価値があり、利用しても損はないサービスであるといえます。