Skip to content

毎日来てくれる?家事代行の日にちと時間


家事を自分でできる人もいればできない人もいます。できない人であれば、毎日の生活で家事を代行してくれるサービスをうまく活用すると良いでしょう。業者によって来てもらえる頻度は異なり、毎日来てもらえるサービスもあります。

毎日来て希望の家事をしてもらうことができる

日常生活を続けるためには、家事は必須作業です。多くの人が買い物や料理、掃除や洗濯などいろいろな家事をこなしながら生活しているかと思われます。しかし高齢になったり障害などを持ったりすると、当たり前の生活をするのが難しくなります。その場合は介護サービスなどをうまく利用して、できない部分を補ってもらうことになるでしょう。

そんな中で、一応普通の日常の生活はできるが、どうしても家事ができない人もいます。料理ができないので食事が食べられない人や、掃除や洗濯ができないので部屋を散らかし放しがちにな人達が該当します。このような人達は家事代行サービスを利用して、必要な家事をしてもらいます。来てもらう日にちは、事前に契約などをして決めます。定期的な利用だと、通常は週に2~3日、などという場合が多いと思われますが毎日来てもらうことも可能です。買い物をして食事を作ってほしいと依頼すれば、夕食の時間までに作りに来てくれます。もちろんその都度料金がかかるので、その料金の負担ができる人でないといけません。掃除であったり洗濯に関しても、どうしても来てもらいたいならサービスの契約を検討してみるといいと思います。

平日の昼間の留守中に数時間来て作業をしてもらう

一人暮らしをしている人の中には、家事ができない人がいます。ゴミ屋敷と言われるようなゴミであふれた部屋で暮らしている人などがその代表例ですが、このような人は掃除ができない人と言えるでしょう。家事ができない人は、掃除をしなくてゴミが増えてもそれが当たり前の生活になってしまいます。そのために自分から解決する方法を取ろうとしないことが多いようです。家族などがやってきて家の惨状を見て、初めて家事代行サービスを利用するように勧める時があります。

大抵、一人暮らしの人は平日の昼間は仕事をして、夕方から夜にかけて帰ってくる生活をしています。土日や休みの日などは自宅にいるという人も多くいるでしょう。そこで平日の昼間の留守中に来てもらう契約をする人が多いようです。鍵を借りておき、所定の日の所定の時間に来て所定時間内の作業をして帰ります。掃除であれば1日でゴミ屋敷になることはないので、週に1日か2日ぐらいになるのでしょう。ゴミの収集日に合わせて来てもらうとゴミがたまりにくくなるかもしれません。「毎週何曜日の何時から何時間まで」などと決めると契約もしやすくなります。

ファミリーの利用では土日などの休みの昼間

夫婦共働きが増え、家事を分担する家庭も多いです。それでも女性が家事をするケースは多いようです。共働きと言ってもパートなどの場合は時間の余裕があります。と言いつつも、毎日買い物をして料理をして洗濯や掃除もこなしているので、それなりにハードな生活になります。仕事もしながら家事もする生活となると、土日なども休みのようでゆっくり休めないかもしれません。

そこで土日などの休みに利用する家事代行サービスがあります。毎週のように利用するより、自分ではできないような掃除などを依頼することが多いようです。水回りの汚れであったり、台所周りの油汚れなどを取ってもらうための依頼です。日にちは土日などで、2時間から3時間かけてひどい汚れを中心に取ってもらいます。よく年末に水回りなどの汚れを取ってもらう人がいますが、年に一回だと汚れが蓄積するので、取るのに時間もかかりますし、年末は料金が高めになるときもあります。月に何回か定期的に来てもらえば、汚れてはいてもそれほどたまった状態ではありません。家の中を常にきれいな状態にできます。

家事を代行してくれるサービスは、契約によって来てもらう日を決めます。毎日来てもらうならすべての曜日になりますし、週に数日のスケジュール、月に数回土日に来てもらうなどもありますので、その人のライフスタイルによって決めやすくなるという特徴があります。